十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

稲生川の歴史を感じよう!~寺子屋稲生塾(第3回目)~

 7月18日、十和田シティホテル駐車場で「寺子屋稲生塾」(小山田久塾長)の第3回目の講座が行われ、30人の塾生が参加しました。
 第3回目の講座は、講師の吉田紀美男(きみお)さんから、稲生川の開通の歴史とともに、稲生川ができて最初にやった「大行灯(だいあんどん)まつり」のことを教わりました。
 続いて、大行灯まつりを再現することで、稲生川をつくった昔の人々に思いを馳せ、感謝しようと、共創郷土と小教研図工部会の協力を得て大行灯・ペットボトル行灯・灯ろうの作製が行われました。
 大行灯づくりを体験した山田渚月(なつき)さん(東小・5年)は「今回が初めての製作体験でしたが、自分の思ったとおりにできました。一筆で絵を描くような感じが楽しかったです」と感想を述べました。
 今回作成した大行灯とペットボトル行灯は8月16日(日)開催の稲生川灯ろう流しの会場に展示され、灯ろうは稲生川に流します。
f0237658_08440833.jpg
スライドを使って、稲生川の歴史をわかりやすく塾生に伝える吉田さん
f0237658_08451016.jpg
大行灯に思い思いの色をのせます
f0237658_08455826.jpg
この日つくった灯ろうは8月16日開催の稲生川灯ろう流しで流します
f0237658_08463711.jpg
大行灯とペットボトル行灯に点灯し、仕上がりを確認しました
[PR]

by towada-city | 2015-07-22 08:47 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< 市無形民俗文化財 「板ノ沢... 東中学校で、県立青森高校による... >>