十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

武士道精神に学ぼう!~寺子屋稲生塾が開講~

 6月27日、南公民館で「寺子屋稲生塾」(小山田久塾長)の開講式が行われ、最初の講座が始まりました。
 稲生塾は、次代を担う人づくりを目的に、講話・体験・交流を通して道徳心などを育むもので、市教育委員会が主催し、今年で6回目になります。
 この日は25人の塾生が参加。開講に当たり小山田塾長が「ふるさとを愛する心、武士道の心、開拓の心の3つの心を養ってほしい。そして、ふるさとに誇りを持って、大人になっても十和田市の発展のために力になってもらいたい」と激励しました。
 また、新渡戸記念館の新渡戸常憲館長は「武士道の心を学んでいただきたい。そうすれば、みなさんが世に出て行った時どんなことも乗り越えられる立派な大人になれると信じています。」と挨拶しました。
 続いて、塾生を代表して佐々木茉峰(まみ)さん(三本木小・6年)と中沢寿仁(かずと)くん(北園小・6年)が「知らない世界の料理などの文化を知る『世界と友達』というプログラムを楽しみにしています」、「大行灯(だいあんどん)づくりが楽しみです。夜に明かりがともった行灯はとてもきれいだったので、今年も楽しい活動にしたいです。」と抱負を述べました。
 引き続き、最初の講座として『こども武士道』の著者で児童書作家の高橋和の助さんによる「武士道白熱教室」が行われ、“戦争と平和”について塾生に身近なテーマである「けんか」を例に挙げ、けんかに巻き込まれたときの対応をどうするべきかなどについて意見を出し合いました。
f0237658_10281766.jpg
高橋さん(写真右)をうならせる意見を出す塾生も多数いました
f0237658_10290961.jpg
高橋さん(写真左)からの問い掛けにしっかりと自分の意見を話す塾生
f0237658_10294207.jpg
武士の考え方を紹介しながら講座は展開されました
[PR]

by towada-city | 2015-06-30 10:31 | 講座 | Comments(0)
<< 東小学校「美しいあいさつ日本一... 環境保全の大切さを名水地の自然... >>