十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『B-1グランプリ in 十和田』開催100日前イベント 『100人で織りなす南部裂織』

 6月25日、市民交流プラザ『トワーレ』で、B-1グランプリin十和田の100日前イベント『100人で織りなす南部裂織~思いをつなぐ地域愛、地域をつなぐ人間愛』が開催されました。
 これは、南部地域で伝承される『南部裂織』の縦糸と横糸の交わりを、今大会のコンセプトである『想いをつなぐ地域愛、地域をつなぐ人間愛』と見立て、大会への愛を織り上げようと企画したものです。
 今回、南部裂織で製作するのは、B-1グランプリで上位入賞3団体に贈呈されるゴールド、シルバー、ブロンズの箸に合わせた3つの箸袋兼卓布です。
 イベントには、北園幼稚園(沢目玲子園長)とカトリック幼稚園(高木由加里園長)の園児63人と一般参加者、また『熱血!!勝浦タンタンメン船団(千葉県勝浦市)』などB-1グランプリin十和田に参加する9団体も参加し、南部裂織保存会(吹越雅子会長)の指導を受けながら、3台の地機(じばた)を使って、布を織り上げました。
 織りに参加した三崎まぐろラーメンズ(神奈川県三浦市)の長谷川雅徳さんは「ゴールドグランプリ(1位)が獲れるように願いながら織りました。伝統工芸を使って地域おこしをする、このアイディアは素晴らしいですね」と話しました。
 先人の布を大切にする知恵から生まれた南部裂織は、寒冷な気候に暮らすこの土地の人々に温かさをくれました。南部裂織のように、私たちのおもてなしで人と人の交わりを織り上げ、訪れたかたがたに温かな思いを伝えましょう。
f0237658_16052054.jpg
参加者全員でB-1グランプリのテーマソング『B-1グランプリのテーマ』を踊りました
f0237658_16052824.jpg
ゴールド・シルバー・ブロンズ用に縦糸が組まれた3台の機で織る(写真手前から)小山田大会長(市長)、工藤副大会長(市議会議長)、石川実行委員長(商工会議所会頭)
f0237658_16053556.jpg
園児も挑戦!「楽しい!」と喜びました
f0237658_16055020.jpg
参加団体も裂織は初めての経験。ゴールドグランプリ(1位)を獲れるように願いを込めます
f0237658_16055970.jpg
最後にB-1グランプリのテーマソング『この街と』をうっちゃん・みかちゃんが歌い、参加者が輪になって大会の成功を願いました

[PR]

by towada-city | 2015-06-25 16:08 | B-1 | Comments(0)
<< 三本木中学校でB-1おもてなし講演会 明るく開放的な市民図書館で読書... >>