十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地域防災を支える圧巻の隊列  平成27年度十和田市消防団観閲式

 6月14日、官庁街通りと中央公園緑地で「平成27年度十和田市消防団観閲式」が開催されました。観閲式では、官庁街通りに整列した消防団員715人と消防団車両44台を観閲者の小山田市長らが巡閲した後、角田弘信消防団長の総指揮のもと分列行進が行われました。
 続いて中央公園緑地に会場を移し、長年消防団活動に尽力された団員や団体などをたたえ表彰が行われました。小山田市長は「近年、多くの自然災害が発生する中、消防団は人命救助に貢献し、その活動に大いに注目が高まっている」と激励しました。
 消防ポンプ操法では、4つの出場部隊が競技した後、昨年の操法県大会に出場した第6分団がデモンストレーションを行うと、きびきびと的確な動作を披露する選手たちに、周囲の消防団員と観客から大きな拍手が送られました。
 また、玉落とし競技では、いち早く玉を落そうと、団員が力を合わせて放水し、玉が落される度に歓声が上がりました。
 観覧していた野月千代さん(洞内地区)は「操法のデモンストレーションに弟が出るので、今年は実家の家族みんなで応援に来ました。見ていてこちらが緊張しました」と話しました。

 消防団は、地域を災害から守るボランティア。
 現在十和田市の団員は750人。そのうち20人が女性です。
 市では防災力の向上のため、消防団員を随時募集しています。

 消防団員についてのお問い合わせは
 十和田地域広域事務組合消防本部警防課消防団係 0176-25-4111
 総務課防災係 0176-51-6703

f0237658_18431227.jpg
官庁街通りに整列した徒歩部隊、車両部隊を観閲者が観閲しました
f0237658_18442124.jpg
規律正しく行われた分列行進
f0237658_18445310.jpg
玉落とし競技は、水の吸管、水圧操作、放水をチームワーク良く行います
f0237658_18452261.jpg
女性消防団員の皆さん。主に広報活動や、防火指導を行っています
[PR]

by towada-city | 2015-06-15 18:47 | 防災・消防・震災 | Comments(0)
<< 食生活改善推進員会まつり~みて... 「第1回美しいあいさつ講話会」... >>