十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「十和田湖乙女の像のものがたり」発行    神秘の湖にたたずむ像の、本当のストーリーです

 3月26日、十和田湖・奥入瀬観光ボランティアの会の小笠原哲雄会長らが市役所を訪れ、「十和田湖乙女の像のものがたり」を発刊したことを小山田市長に報告しました。
 これは、奥入瀬渓流や蔦散策ガイドなど、観光ボランティアに励む同会が、建立から60周年を迎えた「乙女の像」は、どのようにして誕生したのか、市の宝ともいうべきこの像に込められた思いを次世代に伝えようと、市が実施する市民活動支援事業を活用し、制作したものです。
 高村光太郎研究の第一人者による執筆や関係者のインタビューのほか、貴重な写真などで構成され、388ページに及びます。
 小笠原会長らは「一言で言い尽くせない時代背景や、高村光太郎の思いに近づくことができます。大人が読み込んで、子どもたちに紹介していきたい」と話しました。また、乙女の像の理解に役立ててもらうため、市内の小中学校や観光施設に寄贈します。
 小山田市長は「平成25年に60周年を迎えたところ。よく発行していただき、嬉しい限りです。ご苦労されたことでしょうが、この本が十和田湖や乙女の像のファンを増やすことにつながれば」と期待を寄せました。
 子どもたちに向けた巻頭の「乙女の像ものがたり」には市内在住のイラストレーター安斉将(まさる)さんによる8枚の挿し絵があしらわれ、イメージが広がります。資料編では貴重な構想スケッチも収められ、「みちのく」とも言われる乙女の像の本当の名前は何かに迫るエッセイも掲載されています。
 乙女の像の資料として重厚な本となりました。販売についてはこちらをご参照ください。
f0237658_1731433.jpg
小笠原会長(写真左から3人目)と会員の皆さん。安斉さん(写真左から1人目)
f0237658_17313112.jpg
発行者は十和田湖・奥入瀬観光ボランティアの会。定価2,400円(税別)です
[PR]

by towada-city | 2015-03-27 17:32 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< 上十三・十和田湖広域定住自立圏... B-1支援に 田中建設協力会一... >>