十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

さつき幼稚園が『ミールケア・エコまる賞』受賞を報告

 3月26日、学校法人さつき学園認定こども園『さつき幼稚園』(古舘きよ園長)の児童らが市役所を訪れ、こどもエコクラブ全国事務局(公益財団法人日本環境協会)が実施する『平成26年度全国壁新聞コンクール』の幼児部門で『ミールケア・エコまる賞』を受賞したことを市長に報告しました。
 児童が「僕たちは、給食の時に捨てていたバナナやミカンの皮を段ボールコンポストの特別な土の中に入れて、1年間毎日かき混ぜました。寒い日は微生物の活動を良くするために廃油を混ぜました。できた肥料は畑の土に混ぜました。そして、今年はたくさんの人参やかぼちゃを収穫しました。いつも捨てていた皮が、安全な肥料として次の野菜の役に立つことが分かり、とてもうれしかったです。これからも『もったいない』の気持ちでエコ活動を続け、地球環境を守りたいです」と順番に発表すると、小山田市長は「皆さんの取り組みから、再利用などのエコ活動が広がれば、地球も変わっていきます。いろいろな事を学びましたね」と子どもたちを誉めました。
 さつき幼稚園はこの取り組みで、平成26年12月に開催された『もったいない・あおもり県民運動推進大会』でも『もったいない青森賞』を受賞しています。
 子どもたちの『もったいない精神』を、私たちも見習わなくてはいけませんね。
f0237658_13152842.jpg
 発表の様子「捨てる前に、何か使えないか考え、いろいろな物を作っています。これ(写真手前)は、ペットボトルキャップでつくった時間割り表です。1年生になったら使います」
f0237658_13154466.jpg
受賞した壁新聞。テーマは『もったいないアースレンジャー ~食物の循環を学ぶ教育~』
f0237658_13155649.jpg
保護者も交えて記念写真。保護者の協力なしに受賞はなかったと言います。受賞おめでとうございます!

[PR]

by towada-city | 2015-03-26 13:16 | 報告・受賞 | Comments(0)
<< 春よこい! 十和田市建設業協... 魅力ある十和田産品ができました... >>