十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

市の農業振興に大きく寄与した2人に十和田市農業賞を授与

2月24日、十和田おいらせ農業協同組合本店で「平成26年度十和田市農業賞授与式」が行われました。
 この賞は、農業経営で生産性の高い経営や計画的な経営改善を実践したり、地域農業の振興に寄与した個人や、生産・出荷および販売などの共同活動に優れた実績を上げた農業者で組織する団体を表彰することにより、他の模範とすることを目的とし、今年度で4回目となります。
 今年度は、㈲ふなばやし農産の代表取締役として、安全・安心な畜産物生産の取り組みや県が認定する「あおもり土づくりの匠」として、良質な堆肥を生産、供給している布施久さんと家族経営の中で農産加工部門の拠点となる「ひまわり工房」を立ち上げ、さまざまな加工品を製造し、地元食材の活用にこだわった取り組みをしている野崎さち子さんの2人が受賞しました。
 式では、主催者を代表し、小山田市長が「受賞したお二人は、各分野のリーダー的な存在として活動し、本市の農業振興発展に大きく寄与されるとともに、他の模範となります。今後もご支援、ご指導を賜りたい」とあいさつ。小山田市長から2人にそれぞれ表彰状が手渡されました。
 受賞者を代表し、布施さんは「十和田市の農業は米や野菜、畜産とバランスがとれています。これからは農産品の輸入がどんどん入ってくるかと思いますが、それに立ち向かうためにも飼料米の利活用や6次化を考えていきたいと思います。今後も農業発展のために頑張っていきたい」とあいさつしました。
f0237658_1341760.jpg
 十和田市農業賞を受賞した布施さん(写真右)と野崎さん(写真左)
[PR]

by towada-city | 2015-02-25 13:05 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< バラゼミの皆さんが十和田西高校... 十和田市少年少女発明クラブ  ... >>