十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

市の事業を市民の目で評価 今年度は4事業を評価しました

 市では、市民が市の実施する事業を評価する「事務事業評価の外部評価」を行っています。
 これは、第三者の視点で事務事業を点検・検証し、評価内容の客観性および信頼性を確保し、成果重視の市政運営を図るため平成23年度から開始し、今年度で4年目となります。
 評価を行ったのは十和田市行政改革推進懇談会(座長・櫻田一雅十和田商工会議所専務理事)で、2月10日、櫻田座長が市役所を訪れ、小山田市長に報告書を提出しました。
 今年度評価を行った事業は①老人クラブ活動支援②包括的支援事業③農畜産物のブランド化④中心市街地活性化事業の4事業。委員らは昨年9月から10月にかけて3度の専門部会において評価作業を行いました。
 櫻田座長は「4事業について専門部会の全委員で意見を述べました。事業の必要性を再認識する結果となり、指摘事項は報告書のとおりです。事務事業の改善に活用してください」と報告書を市長に手渡しました。
 市長は「ご指摘を踏まえて、見直すところは見直し、しっかりと取り組んでいきたい」と話しました。
 今後、市ではこの外部評価を踏まえた対応方針を決定し、今年度実施した事務事業評価の詳細を市ホームページなどで公表します。
f0237658_10442717.jpg
小山田市長に報告書を手渡す櫻田座長(写真左)
[PR]

by towada-city | 2015-02-12 10:45 | 報告・受賞 | Comments(0)
<< まちおこし講演会 B-1グラン... 寒さを吹き飛ばせ!家族連れらが... >>