十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

三本木原開拓を未来に伝える~選奨土木遺産認定記念シンポジウム~

 10月25日、(公社)土木学会が選奨した平成25年度土木学会選奨土木遺産に「三本木原開拓施設群-稲生川穴堰、十和田市市街地」が選ばれたのを記念し、富士屋グランドホールで「未来に伝える三本木原開拓」のシンポジウムが開催されました。
 シンポジウムには関係者ら約100人が参加。主催者を代表し、新渡戸常憲(つねのり)同実行委員会代表が「先人たちの開拓の時代から地域の未来のために志を一つにし産官学民一体となった市民のボランティア活動が続いています。皆さんとともに学び、今後の活動に生かしていきたい」と、あいさつしました。
授与式では、選奨土木遺産選考委員の阿波(あば)稔八戸工業大学教授から受賞の理由が説明され、三本木原開拓施設群の十和田市市街地の認定証を小山田市長へ、稲生川穴堰の認定証を新渡戸代表へ手渡しました。
 また、土木遺産の認定を記念し制作した稲生川の学習用DVDがお披露目されました。
 シンポジウムでは志村史夫静岡大学理工科大学教授が「三本木原開拓と武士道精神」、知野泰明日本大学工学部准教授が「三本木原開拓に始まる北海道と東北開発-人と技術の交流-」と題した講演を行いました。
f0237658_8253628.jpg
阿波教授から認定証が手渡されました。 
f0237658_8262076.jpg
認定証および銘板を手にする(写真左から)新渡戸代表、小山田市長、阿波教授
f0237658_8263827.jpg
ロビーには北里大学、八戸工業大学生による研究内容が展示され、参加者らが足を止め、説明に聞き入る姿も見られました。
[PR]

by towada-city | 2014-10-29 08:36 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< 思い思いの仮装をした子どもらが... 私たちの病院を知ろう! 「中央... >>