十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

7月は社会を明るくする運動強化月間 ~犯罪や非行のない明るい社会を築こう~

 7月1日、上十三地区保護司会(種市美佐男会長)の岩城和子副会長と十和田地区更生保護女性会の石田美津子会長らが市役所を訪れ、「“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~」に伴う法務大臣と青森県知事メッセージを小山田市長に手渡しました。
 保護司は、法務大臣から委嘱を受けた民間のボランティアで、刑務所から仮釈放された人や、保護観察付きの執行猶予判決を受けた人と定期的に面接し、生活指導をしたり就職活動を援助しながら、社会復帰を支援する活動をしています。
 この「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行の防止と、罪を犯したかたの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築くために行われているもので、7月は強化月間となります。
 上十三地区内では昨年度保護観察件数が67件あり、そのうち27件が当市ということです。市長との懇談の中で保護司の皆さんは、対象者を受け入れてくれる雇用主のかたがたに感謝しながら、なかなか活動が実を結ばない状況を話しました。
 当市では、現在19人の保護司が更生保護活動に励んでいます。

f0237658_1992843.jpg
小山田市長にあてた法務大臣のメッセージを朗読する横田信行さん
f0237658_1995783.jpg
懇談の様子。上十三地区内での保護司は定数に満たない状況で、高齢化も進んでいるそうです
[PR]

by towada-city | 2014-07-02 19:11 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< 「十和田市暮らしの便利帳」を官... 地域に学ぶ!三本木中生徒がトラ... >>