十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

防災機関の連携を強化する 平成26年度十和田市総合防災訓練

 5月29日に市役所、奥入瀬川河川敷(御幸橋付近)、市立四和小・中学校(佐々木俊弘校長)、中央公園緑地を会場に平成26年度十和田市総合防災訓練が開催されました。
 これは、災害時に各機関が連携して防災対策を展開できるよう市が毎年行っているものです。
 訓練は、県南地方に大雨洪水警報が発表された中、青森県東方沖約100㎞を震源とするマグニチュード8.0の地震が発生し、市では震度6強の地震に襲われたことを想定して行われました。
 市役所では、地震発生後、火災が発生したことを想定した避難訓練が行われたほか、災害対策本部の設置訓練が行われました。
 次に、奥入瀬川河川敷では、豪雨による河川の増水および道路路肩の決壊を想定し、市消防団第6分団による土のう作成訓練や市建設業協会による土砂撤去作業および大型土のう設置訓練が行われました。
 市立四和小・中学校では、児童らが避難訓練を行ったほか、ポンプ車などが実際に出動し、消火訓練や救助救出訓練、避難所開設・運営訓練が行われました。また、中央公園緑地ではガス施設復旧訓練、炊き出し訓練などが行われ、各団体が災害時の対応や連携を再確認しました。
 閉会式では、統監を務めた小山田市長が「大災害を踏まえた訓練を行うことで関係機関との連携が強化され、被害を最小限に抑え、復旧・復興が早期に行われます。地域で組織化して防災訓練に取り組んでいきましょう」と講評を述べました。
f0237658_16231516.jpg
災害対策本部を設置。各担当部長や自衛隊、警察などが市内の状況を報告しました
f0237658_16235250.jpg
奥入瀬川中州に取り残された要救助者の救出訓練
f0237658_16241185.jpg
四和小・中学校を避難所と想定して避難者の受け付けを行いました
f0237658_16244656.jpg
十和田西高少年消防クラブによる初期消火訓練

[PR]

by towada-city | 2014-06-02 16:26 | 防災・消防・震災 | Comments(0)
<< 青森県遊技業協同組合上十三・下... ニーハオ!(你好!) 台湾から... >>