十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

農業の活性化に向けて、市長が若手農業経営者と懇談

 10月30日、小山田市長が市役所に若手農業経営者7人を招いて、懇談会を開催しました。
 これは、若手農業経営者から今後の農業についての考えを聴いて、施策に生かすことを目的に市が主催したものです。
 はじめに、農林畜産課ととわだ産品販売戦略課の担当者が、現在行っている施策などを紹介しました。
 続いて、参加者はそれぞれの農業経営や、今後のアイデアなどを活発に発言しました。
 四和地区の舛舘哲二さんは営農組合を株式会社にした地域の取り組みを紹介し、三本木地区の山端潤一さんは「都会では土付きよりもカット野菜が喜ばれる。市内に野菜の加工場ができないだろうか」と話しました。
 また、藤坂地区の平舘龍德さんは「それぞれの作目に適した土質があるのでそうした農地を相互に利用する仕組みはできないか」「首都圏で野菜を披露する機会があり、十和田の観光も紹介したくて『来てください』と言ったものの、十和田で地元の野菜を使った料理を提供する店が思いつかなかった」と話しました。
 そのほか、野菜のおいしさの基となる土壌診断や、PR・ブランド化、農商工連携と6次産業化など話題は多岐に上りました。
 市長は市の取り組みを紹介したり、これからできることは何か問い掛けるなどして、熱の入った懇談となりました。そして「農業は厳しいところがあるが、多様だから面白い。自分に合ったものを自ら定めて頑張ってほしい」と激励しました。

f0237658_1641373.jpg
話題が尽きず、予定の2時間があっという間に過ぎました
f0237658_165218100.jpg
全ての参加者の皆さんから熱心さが伝わってきました
f0237658_16524722.jpg
いちごの水耕栽培について話す奥瀬地区の長瀬真二さん
[PR]

by towada-city | 2013-10-31 16:57 | とわだ産品・農業 | Comments(0)
<< 十和田西高生が認知症について学... 上十三地区の婦人団体が健康と食... >>