十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

セーフコミュニティの普及啓発のため市にバッジを贈呈

 10月2日、「セーフコミュニティとわだをすすめる会」の新井山洋子代表らが市役所を訪れ、セーフコミュニティの普及啓発を図るため、市の課長級以上の職員に身に着けてほしいと、バッジ50個を贈呈しました。
 新井山代表は「セーフコミュニティ認証都市としてより一層の普及啓発を図るために市職員もバッジを身に着けて気運を盛り上げてほしい」と、話しました。
 早速バッジを身に着け、小山田市長は「セーフコミニティの活動もだんだんと市民に浸透してきています。来年度再認証を受けるための取り組みを進めたい」と、話していました。
 すすめる会では、バッジを400個製作。今後、ワークショップや講座の参加者にセーフコミュニティサポーターとしてバッジを配布していく予定です。
f0237658_14353745.jpg
市役所を訪れた「セーフコミュニティとわだをすすめる会」の皆さん。小山田市長の右胸には贈呈されたバッジが着用されています。
f0237658_14355466.jpg

すすめる会の皆さんが製作したバッジ。「今日も無事でいてほしい」をキャッチフレーズに、一層の普及啓発を推進します。
[PR]

by towada-city | 2013-10-08 14:36 | 寄付 | Comments(0)
<< 災害時の福祉避難所として38施... ヤマカシFC ビーチサッカー東... >>