十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

30回記念! ふるさとの母なる川をきれいにしよう ~奥入瀬川クリーン作戦~

 8月4日、奥入瀬川鮭鱒増殖漁業協同組合前広場(奥入瀬川御幸橋下流河川敷)を中心に第30回奥入瀬川クリーン作戦が開催され、市民など600人余りが参加しました。
 開会式で奥入瀬川クリーン対策協議会の畑山親弘会長が「30回という記念する回を迎えました。これも川にかかわってきた皆さんのおかげです。今日は梅雨空を一掃する運動日和。怪我のないように活動しましょう」と参加者たちを激励しました。
 参加者は蒸し暑い中、7班に分かれて約1時間、川沿いでごみを拾い集めました。小学3年生以来参加しているという中田幹弥(かんや)君(十和田西高・1年)は「中学校当時の仲間を誘って3人で参加しました。いつもよりごみは少なかった。僕たちはこの地域に暮らしているので役に立ちたいし、年々きれいになって来ていると感じています」と笑顔を見せていました。
 清掃作業後には奥入瀬川クリーン標語コンクールの表彰式、ニジマスつかみ取り、バーベキューなどが行われ、参加者は互いに労をねぎらいながら楽しい時間を過ごしました。

f0237658_14121618.jpg
開会式で小山田市長は「今や、多くの市民のボランティアによる地域に根差した市民活動となりました」と称えました
f0237658_14125489.jpg
川沿いの道を1時間にわたって歩きながら、ごみを拾い集める参加者
f0237658_1413428.jpg
奥入瀬川流域の小中学校から多数の応募があった標語コンクールの入賞者へ、表彰状が授与されました
f0237658_14142778.jpg
清掃後には企業などが協賛してバーベキューを行いました。このクリーン作戦は、川にかかわる多くの企業や公共団体と個人の力が結集して引き継がれているものです。
f0237658_1414586.jpg
いけすに放たれたニジマスを、しっかりとつかみどり!
[PR]

by towada-city | 2013-08-05 14:17 | ボランティア | Comments(0)
<< 夏のひと時 産馬通りで十和田サ... 「馬」と「アート」の街・十和田... >>