十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

市民協働!全市をあげて冬の道を確保しよう

 6月26日、十和田市雪対策検討委員会の今泉博吉(ひろよし)委員長らが市役所を訪れ、小山田市長に雪対策に係る提言書を提出しました。
 市では、大きな財政負担や、除雪重機の不足など、どうやって冬の道を確保していくかが大きな課題となっています。そこで平成25年1月に設置された十和田市雪対策委員会は、市民・行政・除雪業者の三者が一体となった、将来に向けて市民が安心できる持続可能な除雪体制について、これまで5回にわたり検討会を行い、市への提言をまとめました。
 この中では、市民力を活用した市民協働の推進が重要項目に位置付けられ、市民が守らなければならないことを明確化することや、条例化の必要性が提言されています。
 市長が「ご多忙の中、検討を重ねていただいた。市民と行政など市をあげて冬の道を確保する取り組みは大変ありがたい」と感謝を述べたのに対して、今泉委員長は「この提言の内容を汲んで、どうか今年の除雪に間に合わせてほしい」と話しました。
  
f0237658_1674964.jpg
提言書を手渡す今泉委員長(左)
f0237658_1673815.jpg
提言書の内容について報告する今泉委員長(中央)と工藤行雄副委員長。行政の責務と除雪業者の役割はもとより、市民の除雪マナー向上がとても重要とのことです。
[PR]

by towada-city | 2013-06-27 16:09 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< 力を合わせて65mののり巻き作... 日本野菜ソムリエ協会の福井理事... >>