十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

北海道・東北B-1グランプリに向けて 十和田西高生が清掃活動とバラ焼き調理体験

 6月25日、県立十和田西高校(堀米潤校長)の全校生徒ら193人が市内の清掃活動と十和田バラ焼きの調理体験を行いました。
 これは、9月7、8日に十和田市で開催される「北海道・東北B-1グランプリin十和田」に向けて同校が遠足の一環で行ったものです。同校は、B-1グランプリ当日も全校生徒がボランティアとして、十和田PRブースや市内小学生らの十和田バラ焼キッズ、十和田バラ焼きゼミナールのブースなどに分かれて参加します。
 清掃は、市官庁街通りや旧国道4号線沿いなどB-1グランプリの会場となる場所を手分けして行いました。生徒らはほうきやデレッキ、ゴミ袋を持ち、落ち葉や空き缶などを拾い集めていました。
 中央公園緑地では、約30人の生徒らが十和田バラ焼きゼミナールの指導のもと、十和田バラ焼きの調理を体験しました。バラ焼きのたれや材料を運ぶ調理班、鉄板で焼く焼き班、盛り付け班に分かれ、全校生徒分のバラ焼きを作りました。バラゼミの皆さんの「声を出して」や「がんばろう」という掛け声に生徒らは元気よく「oui(ウィ)!」と答えていました。
 焼き班の袴田雄介(はかまだゆうすけ)くん(1年生)は「思ったより大変だった。材料が重くてひっくり返すのに力が必要だったり、鉄板が熱くて自分との闘いだった。ぜひB-1グランプリ当日も焼き班で参加し、十和田を盛り上げる力になりたい」と、話しました。


072.gif9月7・8日は「北海道・東北B-1グランプリin十和田」→詳しくはコチラ

f0237658_14293322.jpg
官庁街通りでほうきで落ち葉を集める生徒ら
f0237658_14304253.jpg
指導を受けながら熱い鉄板に負けずにバラ焼きを焼きました
f0237658_14314887.jpg
盛り付け班に手際よく渡します。チームワークも肝心
f0237658_14304251.jpg
「ラビアンローズ!(バラ色の人生を)」と声を掛けながら出来立てのバラ焼きを渡しました
[PR]

by towada-city | 2013-06-27 14:37 | ボランティア | Comments(0)
<< 日本野菜ソムリエ協会の福井理事... 三興電子工業㈱が図書購入費を寄附 >>