十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

全国の強豪チームが集まる札幌YOSAKOIソーランまつり 馬花道ジュニア日本一受賞

 6月5日から9日にかけて北海道札幌市で行われた「第22回YOSAKOIソーランまつり」のジュニア大会で、十和田市のよさこいチーム「馬花道(ばかどう)」(對馬秀代表)の小・中学生のチーム「馬花道ジュニア」が初出場で、大賞を受賞しました。
 このまつりは全国各地より270チーム、約27,000人が参加。そのうちジュニア大会には全国から18チームが参加しました。
 馬花道ジュニアは十和田市とむつ市内のメンバー25人。これまで「あきたYOSAKOIキッズ祭り」で3連覇、さらに「みちのくYOSAKOIまつり」で4連覇を達成しています。
 YOSAKOIソーランまつりのジュニア大会は、馬花道の3部作の最終章・官庁街通りをテーマとした「道」を演舞しました。躍動感、スピード感ある踊りと鮮やかな衣装替えで観客を魅了。對馬代表が「演舞を見て涙が出ました。点数をつけるなら150点。会心の出来だった」と、話すほどの出来で見事大賞を受賞しました。
 チームリーダーの中村ののかさんや、メンバーの桜庭瑞(みずき)さん、西野颯希(さつき)さん(甲東中・2年)は「悔いなくやり切った。日本一の夢がかないました。次は馬花道として日本一をとりたい」と、喜びを話しました。
 チーム最年少で旗振りの櫻田彪仁(あきひと)くん(北園小・1年)は「風があったけど、うまく旗を振れた。日本一のステージは気持ちよかった」と、話しました。

f0237658_11352053.jpg
大賞を受賞した馬花道ジュニアの皆さん
f0237658_1136618.jpg
強豪チームが揃う中、会心の演舞を披露しました
[PR]

by towada-city | 2013-06-24 11:37 | 報告・受賞 | Comments(0)
<< 大きくな~れ! 北園幼稚園園児... 三農ごぼうガールズ活動発表 高... >>