十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

三農ごぼうガールズ活動発表 高校生による地域活性化フォーラム

 6月14日、県立三本木農業高校(荒谷隆男校長)で生活科学科3年生の生徒12人によるごぼうガールズが「高校生による地域活性化フォ-ラム」と題して、活動の成果を発表しました。(ごぼうガールズについてはこちら
 これは、地域の抱える諸問題について考え、地域の有識者から指導助言を受けながら、地域活性化に貢献することを目的に同校が開催したものです。
 フォーラムには、生産者や食品製造関係者、野菜ソムリエなどが参加。開会にあたって荒谷校長が「地域と連携し、深くかかわっていき生徒が将来を担うよう育っていってほしい」とあいさつ。
 ごぼうガールズを代表して、平内麻衣さんと附田榛佳(はるか)さんが『地域資源「ごぼう」から地域の食産業化を考える』と題して、商品開発や販売店舗の拡大、PR活動などの成果を発表。「地域と連携し、みんなで地域おこしをしていきたい」と、話しました。
 参加者からは「短期にもかかわらず、地域の問題を見つけ取り組んでいったのはすごい」「単発ではなく、継続的に続けてほしい」などといった意見が出ました。
 また、現在商品化に向けて開発中のごぼうと黒ごぼうを使った2種類のソフトスティッククッキーを試食に出し、ごぼうガールズが参加者からの意見を熱心に聞きまわっていました。
 商品に使われているごぼうパウダーを提供している㈲丸井精米工場の丸井扶美夫代表取締役は「ごぼうガールズは、地域のさまざまな企業などと連携する取り組みを実現させ、新しい風を吹かせてくれた。今後もこの取り組みをぜひ続けてほしい」と、話しました。
 ごぼうガールズの附田さんは「がんばって続けてきてよかった。後輩たちにも続いてもらいたい」と、話していました。

f0237658_1453285.jpg
スクリーンを使って発表しました
f0237658_147234.jpg
試作品を味見する参加者
f0237658_1473632.jpg
ごぼうガールズは熱心に試食品の感想を聞いてメモしていました
f0237658_1485852.jpg
ごぼうガールズの皆さん
[PR]

by towada-city | 2013-06-21 14:12 | とわだ産品・農業 | Comments(0)
<< 全国の強豪チームが集まる札幌Y... 市連合婦人会が父の日にちなみ市... >>