十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「奥入瀬インフォメーション“hakocco(ハコッコ)”」がオープンしました

 6月1日、焼山の十和田湖温泉スキー場第一駐車場内に、奥入瀬エリアの観光総合案内所“hakocco(ハコッコ)”がオープンしました。これは、十和田市内からの中継地として、奥入瀬渓流・十和田湖へのアクセス、宿泊、体験などの案内を行いながら、訪れた人たちがアートクラフトなども体験できる多目的スペースです。常駐する2人の奥入瀬観光コンシェルジュが“ハコッコ”での案内のほか、奥入瀬パトロールやネイチャーガイドに当たります。
 オープンセレモニーでは、母良田篤夫市観光商工部長が「南部弁の箱から名付けた現代美術館のような白い“ハコッコ”です。『花・温泉・アート』を柱にここから奥入瀬・十和田湖観光の情報発信を行い、新しい楽しみかたを提供したい」とあいさつ。続いて運営にあたる㈶十和田湖ふるさと活性化公社の渡部毅(つよし)理事長が「まごころを込めてお客様をご案内したい」と話しました。
 神奈川県出身のコンシェルジュ、西川祥子さんは「美術大学を出てこちらに来ました。自分らしさを生かしながら接客に努めたい」と意気込みを話しました。
 ハコッコでは、6月下旬から10月下旬にかけて源泉かけ流しの足湯も利用できるとのことです。

f0237658_14381496.jpg
心地よい日傘の陰で、小枝を使った工芸が体験できます。

f0237658_14383578.jpg
奥入瀬観光コンシェルジュの皆さん。交代で2人が常駐します。
[PR]

by towada-city | 2013-06-04 14:40 | 散歩 | Comments(0)
<< 災害時の連携を確認 平成25年... 十和田市に新しいALT(外国語... >>