十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

被災地の復興を支援しよう 震災メモリアルイベント

 3月10日、十和田市現代美術館で東日本大震災メモリアルイベント「Pray for the EARTH 2013」が行われました。これは、福島県浪江町から十和田市に避難している矢澤アイサさんと県南地方の住民らで構成される「もりもり青森」が東日本大震災の復興支援として主催したものです。
 会場では募金箱「love box」を設置し、昨年に引き続き青森県内の新鮮野菜を福島県に送る資金を募りました。また、市立ちとせ小学校6年生の児童らの合唱などアーティストライブが行われたほか、被災地で作られた味噌やしょう油などの支援グッズやフェアトレードチョコレートの販売、毎月11日にキャンドルに火を灯して復興を願う活動・ともしびプロジェクトで使用するキャンドルのワークショップなどが行われました。ソーラーエネルギーを使用した携帯充電器や、一斗缶を使い木くずなどの少ない材料で火を起こすことができるロケットストーブなど自然エネルギーを利用した展示スペースも設けられ、訪れたかたが興味深く見入っていました。
 矢澤さんは「まだまだ復興は進んでいない。10年、20年という長いスパンでの支援で考えていってほしい」と持続的な支援の必要性を強調しました。

f0237658_1441770.jpg
福島県浪江町に送るフラッグにメッセージを記入する来場者
f0237658_14415440.jpg
被災地支援グッズを多くのかたが買い求めていました
f0237658_14422638.jpg
ライブは盛況。訪れたかたがアーティストらに大きな拍手を送っていました
f0237658_1442539.jpg
ミツロウで作られたキャンドルを手でこねて形を整えるkonecan(コネキャン)。復興の願いをこめて作成していました
[PR]

by towada-city | 2013-03-15 14:44 | 防災・消防・震災 | Comments(0)
<< 三本木小児童らプルタブ集め 中... キャンドルの灯に追悼、復興への... >>