十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「あおもり産木造住宅コンテスト」で知事賞・最優秀賞を受賞

 2月19日、県などが主催した「第5回あおもり産木造住宅コンテスト」で知事賞・最優秀賞を受賞した(有)岩木建設の岩木勝志代表取締役らが市役所を訪れ、小山田市長に喜びの報告をしました。
 このコンテストは県産材を使用した木造住宅を広め、県産材の需要の拡大、林業や木造住宅産業の活性化を図ることを目的としています。
 対象となる住宅は一定量以上の県産材を使用している一戸建てなどの条件があり、審査は住宅の周辺環境や景観、また住宅内部の安全、健康など住む人への配慮などのほか、県産材を積極的に活かす工夫や技術などが審査されます。
 受賞した住宅は、昨年むつ市に新築した「下北の温もりある家」で、タモノキを梁材に、大黒柱には長さ8メートル・8寸角のスギを使用。そのほか青森ヒバ、ケヤキ、クリなど多くの県産材をふんだんに使用し全体的に温もりを感じる点が高く評価されました。
 岩木さんは「多くの関係者や周囲のみなさんのご協力があり受賞できました。広葉樹と針葉樹の木を組み合わせ、木の強さと美しさを表しながら頑丈な家を造り続けています。これからも若い大工職人を育て、技術の継承に努め地域に恩返ししたい」と話していました。
f0237658_9123374.jpg
受賞した住宅について小山田市長に説明をする岩木さん(右から2人目)
f0237658_9131213.jpg
「第5回あおもり産木造住宅コンテスト」で知事賞・最優秀賞を受賞した住宅。 梁材は十和田市深持産の広葉樹で堅く、光沢のある太いタモノキです
[PR]

by towada-city | 2013-02-21 09:27 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< スポーツや文化活動で顕著な成績... 子ども夢チャレンジ基金と育英基... >>