十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

子ども夢チャレンジ基金と育英基金に寄附

 2月19日、青い森信用金庫十和田営業部おりひめ会(会員52人)の古舘順子会長らが市役所を訪れ、子ども夢チャレンジ基金へと10万円寄附しました。
 おりひめ会は会員の親睦と貯蓄心の向上などを図り、利用する金融機関の後援を目的とした女性の会で、新年祝賀会に会員が持ち寄った衣料品や雑貨などのチャリティーオークションを行い、その収益金の一部を寄附したものです。
 古舘会長は「十和田市を元気にしたいと思い、次代を担う子どもたちのためにできる限り寄附を継続していきたいと」と話し、小山田市長は「子ども夢チャレンジ基金から今年度もこれまで27件、170万円を補助しています。大変ありがたく思います」とお礼を述べました。
 また、同日、絆の会の日野口泰子(やすこ)代表が3年間にわたり古新聞やアルミ缶、段ボールなどを集めて現金化した30,000円を、育英基金に寄附しました。日野口代表は「健康が続く限り寄附したいと」と話していました。
 寄附金はそれぞれの基金に積み立てられ、全国大会などへの選手派遣費用の補助金や奨学金の貸与金の一部として活用されます。
f0237658_1340396.jpg

f0237658_1340503.jpg
小山田市長に現金を手渡すおりひめ会古舘会長(写真上)と絆の会日野口代表
[PR]

by towada-city | 2013-02-20 13:43 | 寄附 | Comments(0)
<< 「あおもり産木造住宅コンテスト... 自由な創作活動を展開する「超訳... >>