十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新たな「農」ビジネス展開で地域を盛り上げよう 6次産業化推進セミナー

 1月30日、富士屋グランドホールで「6次産業化推進セミナーin十和田」が行われました。これは、6次産業化や農商工連携による地域産業の活性化を図るため、先進事例の紹介や異業種交流の場を提供し、新たな「農」ビジネス展開のきっかけづくりとして青森県6次産業化サポートセンターや上北地域県民局地域農林水産部、市が共催して行ったものです。
 セミナーには、生産者や加工業者など約150人が参加。基調講演は「6次産業化に関する支援体制について」と題し、㈱舞台ファームの針生信夫(はりうのぶお)代表取締役が講師を務めました。針生さんは仙台市の農家の15代目として生まれ、一生産者から農業を母体とした企業へと成長させ、移動野菜販売や、飲食店の経営、大手コンビニエンスストアで扱われる野菜の生産・加工・流通までを行っています。
 講演では日本の農業の問題点や㈱舞台ファームの取り組みなどを紹介。針生さんは「ビジネスの発想は無限大です。地域にある財産を変幻自在にうまく変えて、業種を超えて連携し、皆さんと地域を盛り上げてほしい」と話しました。
 その後、6次産業化交流会が行われ、市内や周辺市町村の加工業者など14団体がブースを設置し、加工品などの試食や展示を行ったほか、青森県6次産業化サポートセンターが相談コーナーを設置しました。参加者は、試食品を味わいながら交流を行い、業種を超えた連携によるビジネスの可能性を感じている様子でした。

f0237658_13343093.jpg
基調講演を行った針生さん
f0237658_1335651.jpg
業種を超えて行われた交流会
[PR]

by towada-city | 2013-02-03 13:36 | とわだ産品・農業 | Comments(0)
<< 十和田バラ焼きゼミナール、タイ... 十和田湖ひめますの新商品&新メ... >>