十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アートによるまちづくり活動が評価 市が環境芸術学会賞受賞

 このたび、十和田市現代美術館を核とした十和田市の環境芸術に関する一連の取り組みが評価され、第1回環境芸術学会賞で大賞を受賞しました。
 この賞は、環境と芸術について研究と実践活動を目的に平成12年に設立した環境芸術学会(池田政治会長)が10周年を記念して設けたものです。十和田市は、平成20年に開館した現代美術館を拠点としたアートによるまちづくりプロジェクト「Arts Towada(アーツ・トワダ)」が奥入瀬渓流ホテルでの展示、街なかと美術館をつなぐコンシェルジュの導入などアートが地域住民と結びつき、地域活性化につながっている点が評価されての受賞となりました。
 11月1日、同学会の前田義寛理事と高須賀昌志副会長、現代美術館の藤浩志副館長が市役所を訪れ、小山田市長に受賞を報告しました。高須賀副会長は「十和田の街を実際に歩き、商店街での展示などアートによるまちづくりに市民の皆さんが積極的に参加し、協力し合っていると感じた」と、話しました。
 市長は「人口は減少しているが、地域の特色を生かし交流人口を増やしたい。市民のかたにご協力いただきながら、地域全体のアートによるまちづくりを推進していきたい」と抱負を述べました。
  受賞式は11月24日に東海大学で行われる環境芸術学会第13回大会で行われます。

f0237658_14414989.jpg
市長に受賞報告書を手渡す(写真左から)藤副館長、小山田市長、高須賀副会長
[PR]

by towada-city | 2012-11-05 14:43 | 報告・受賞 | Comments(0)
<< 伝統工芸を手軽に体験 現代美術... 人権擁護委員葛巻信夫さんら法務... >>