十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

奥入瀬渓流エコロードフェスタで、十和田西高校生が観光ボランティアガイドウォークを実施

 10月27、28日に行われた、奥入瀬渓流の環境保全と観光シーズンの交通渋滞解消を目的にマイカーの交通規制を行う奥入瀬渓流エコロードフェスタで、県立十和田西高校(堀米(ほりまい)潤校長)2年生による観光ボランティアガイドウォークが行われました。
 27日は同校観光科生徒35人が参加。石ヶ戸から雲井の滝まで、阿修羅の流れや平成の流れなどの観光名所をガイドしました。
 木村恵さんと川守田柚衣(ゆい)さんは、石ヶ戸でガイドウォークへの参加を呼びかけ、集まった観光客と出発。最初にガイドした石ヶ戸の瀬では2人とも緊張気味でしたが、2カ所目以降は声も大きくなり、少しずつ慣れて来た様子でした。
 木村さんは「観光名所の説明文を覚えられなくて、不安だったけど楽しかったです」、川守田さんは「はじめは緊張したけど、慣れてきたら楽しかったです。ガイドをとおして人と触れ合えるのもうれしかったです」と笑顔で話していました。
 三沢市から夫婦で訪れた観光客は「渓流をただ歩くのとは違い、観光名所の詳しい説明を聞くことができて有意義でした。新緑の季節にまた来たいです」と話していました。
 この日は好天に恵まれ、観光客は見頃を迎えた紅葉と、マイカーの通行しない静かな渓流の散策を満喫していました。
f0237658_1139221.jpg
ガイドウォークには多くの観光客が参加しました
f0237658_1139325.jpg
雲井の滝ではハンドマイクを手に堂々とガイドしました
f0237658_1140516.jpg
観光シーズンにはマイカーで渋滞する国道も、静かな佇まいを見せていました
[PR]

by towada-city | 2012-10-31 11:42 | ボランティア | Comments(0)
<< 保育園児から大学生まで広く世代... 災害時の物資供給に関する協定を締結 >>