十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

十和田を全国に堂々PR B-1グランプリで十和田バラ焼きゼミナール3年連続入賞

 10月20、21日に福岡県北九州市で行われた「第7回ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin北九州」において、十和田バラ焼きゼミナールが10位を獲得し、見事3年連続入賞を果たしました。B-1グランプリには全国から63団体が出場し、2日間で61万人を動員。また、八戸せんべい汁研究所が悲願のゴールドグランプリを獲得しました。
 25日、同ゼミナールの木村長敏(たけとし)学長と畑中宏之舌校長および共に参加した県立十和田西高校、県立三本木農業高校の生徒らが市役所を訪れ、小山田市長に喜びを報告しました。
 木村学長は「チームワークよく回すことができた。青森県や十和田市のことを広くPRできた」と手応えを実感していました。力石大器(たいき)くん(西高・3年)は「並んでいるお客様に十和田のPRをした。自分が十和田を好きになって、その気持ちを伝えられた」、小山田聖香(せいか)さん(三農・2年)は「お客様へバラ焼きの受け渡しを担当した。いろいろな方と交流できていい勉強になった。バラ焼きを渡したときにお客様がうれしそうにしてくれたのがよかった」とそれぞれ感想を話しました。
 市長は「高校生活ではなかなかできない経験ができたと思う。皆さんがふるさと・十和田をPRしたことで、全国にその名が広まった」と健闘を称えました。
 来る11月3、4日に十和田市中心商店街で行われる「ご当地グルメ博in十和田2012 けっして争わないバラ戦争」に向けて、畑中舌校長は「B-1グランプリが終わった後にどれだけ観光客が十和田に来るかが大事なこと。食ではなくまちを売る。十和田らしさを生かし、お客様をお出迎えしたい」と意気込みを話しました。

058.gif「ご当地グルメ博in十和田2012」詳しくはコチラをご覧ください!

f0237658_13423065.jpg
B-1グランプリの様子。三農バラ焼きガールズは受け渡しを担当(写真左)。笑顔を心掛けて接客したそうです
f0237658_13425588.jpg
バラ焼きを待つお客さんの列に向かって、パネルを持ち、十和田をPRする西高十和田バラ焼きゼミナールPRセンターの皆さん
f0237658_1343235.jpg
行列は切れることなく、最高1時間待ちも。バラ焼きを焼く手が止まりません
f0237658_13452499.jpg
元気よくラビアンローズ!生徒の皆さんは、B-1グランプリを経験して「十和田が大好きになった」「将来十和田に貢献できるようになりたい」などと話していました
[PR]

by towada-city | 2012-10-29 13:46 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< 災害時の物資供給に関する協定を締結 奥入瀬エリアにアート作品 Ar... >>