十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

十和田湖から旧陸軍機を引き揚げ~69年ぶりに姿を現す~

 9月5日、十和田湖畔宇樽部地区で十和田湖湖底に沈んでいた旧陸軍「一式双発高等練習機」の引き揚げ作業が行われ、無事に成功。1943年に不時着して以来、69年ぶりに日の丸をつけたグレーの機体が姿を現しました。
 作業を行ったのは青森県航空協会(大柳繁造会長)ら有志の皆さん。この日は午前9時過ぎから作業を開始し、午前中に尾翼やタイヤ、エンジン2基、機首部分を引き揚げました。午後1時30分頃から作業を再開、主翼と胴体部分の引き揚げが慎重に行われ、午後3時10分頃、クレーンに吊り上げられた機体が徐々に引き揚げられ、歴史的瞬間を目撃しようと集まった約100人の見物客が見守る中、湖面から胴体部分、次いで主翼が姿を現しました。
 陸揚げされると、機体を間近で見ようと人々が駆け寄り、じっくりと眺める人やカメラで撮ったりする姿が見られました。
 大柳会長は「腐食はあるが、思った以上に状態がいい。修復にはどのくらいかかるかわからないが、復元させたい」と安堵の表情を浮かべながら話していました。
 作業を見学したかたは「機体を見て年月の長さを感じた。引き揚げられたことで亡くなった3人も浮かばれるのではないか」と話し、冥福を祈っていました。
f0237658_1729977.jpg
機体の機首部分とエンジン2基
f0237658_1730591.jpg
尾翼部分。見物客がじっくりと眺めています。
f0237658_17304474.jpg
水中からゆっくりと胴体部分と主翼が姿を現しました。
f0237658_17313727.jpg
陸揚げされた胴体部分。主翼の日の丸がはっきり見えます。
f0237658_17315771.jpg
機体の状態を確かめる大柳会長(写真手前)
[PR]

by towada-city | 2012-09-06 17:34 | イベント | Comments(0)
<< あおもり10市(とし)大祭典で... 東京都内レストランで十和田産品... >>